買ってきたジーンズの裾が長い!自宅のミシンで裾上げできるの?

ミシンというものは本当に便利です。

手縫いでももちろん縫い物は出来ますが、段違いに早くしかももちがよく縫ってくれますね。

でもちょっと悩んでしまうのが、厚手の布地の縫い物です。

特にジーンズの場合、家庭用のミシンで縫って大丈夫なのでしょうか。

ジーンズというものは本当に

今の世の中、ジーパンを1本も持っていないという人のほうが、少数派になっています。

それほどジーンズという布地自体が、浸透しているのですね。

昔は作業用のパンツだったものが、今ではおしゃれにも着用するようになりました。

そういった意味でも、ジーンズの普及は目覚ましいものがあります。

しかもストレッチタイプの登場で、フィットしたデザインのものも苦しくなく着用できるようになったのです。

ストレートタイプのジーパンなど、ストレッチタイプのジーンズ布地のお陰で、誰でも履けるようになりました。

とは言え、ジーンズの布地が分厚いと言うのは、昔も今も変わりません。

流石に手縫いは、針が通りません。

無理に通そうとして、針が折れたり指に針が食い込んだりの事故、結構ありますね。

なので縫うにはミシンが最適で、ミシンに登場願うしか無いのです。

しかし今家庭にあるミシンでも、このジーンズの裾上げなどの作業、出来るものなのでしょうか。

できればジーンズの縫い物は工業用などのミシンで

何しろ分厚いジーンズ生地です。

もし自宅に、昔ながらの足踏みミシン、工業用のミシンがあったらこれを利用したいですね。

実は一見、普通の家庭用のミシンでも布地だけ見てると縫えそうに見えてきます。

でも裾かがりの場合、これを折り返して縫います。

それだけでなく、縦縫がすでにある場所を、そこも裾の部分で折って縫うとなると、9枚分のジーンズ生地を縫うことになるのです。

かなり、厚くなりますね。

手強い相手であるのは、考えてみてもわかります。

縫い始めてこの部分に来て手が止まった、と言う人もいます。

手が止まる前にミシンが止まってしまったということもあります。

工業用のミシンの場合、こうした厚手の布地も縫えるように設計されているので、針と糸さえ間違えなければ縫うこうとは可能です。

まあこうした足踏みのミシンを使っていても、この部分に来ると手が止まりますね。

家庭に工業用のミシンがあってそれを使用する場合も、手慣れていない人は注意して先に進んで下さい。

今の家庭用ミシンでもジーンズは縫える

今家庭によくある家庭用のミシン、ジーンズが縫えないことはありません。

機種などでも違いがありますので、メーカーにまずは問い合わせて下さい。

針と糸に注意を

普通の針では折れてしまうことがあるのが、ジーンズ生地を縫う時です。

これは非常に危険なので、この点にまず注意をして下さい。

この時に使用する針は、家庭用ミシン針デニム用、となっているものを使用します。

持っているミシンに対応するかどうかを、チェックして下さい。

また重ねて言いますが、針が折れると非常に危険なので、メーカーへの問い合わせをすることをおすすめします。

糸は、厚地用ミシン糸を使用します。

多くの糸が販売されていますが、厚地用となっているものが最も適しています。

ジーンズが縫えるミシンも出ている

家庭用のミシンで、ジーンズが縫えるという製品が出ています。

電子ミシンですが、厚地のものが縫えるように布送りバネの変更や、押え金の形状変更が出来るようになっているミシンです。

厚手のものを縫う時に最も問題なのが、もちろん針などですが、押え金の形状で引っかかってしまって動かなくなる、ということがあります。

それを改善したミシンですね。

デニムの生地を縫うことが出来るというコンセプトで作られたミシンなので、安心して使うことが出来ます。

子供の縫い物でデニムを使うことが多いと言う人には、おすすめのミシンです。

ジーンズの裾上げなどできるだけうまくするには

厚手の布地の場合、出来上がりがいまいちなのは、折りたたんだ時に段差が大きくなってしまうということです。

順調に縫っていても、その箇所に来るとミシンが止まってしまったり、抑えを調節しなくてはならなかったりで、調子が狂ってしまいます。

特にジーンズの裾上げの場合、これは問題になりますね。

外から見たら一応出来上がっていても、内側を見たらステッチ落ちしてたなどです。

これを避けるためにも、縫う前にちょっと一工夫しておきましょう。

9枚重ねになってしまったところ、どうしても分厚くなります。

なので木槌などで叩いて鞣してから縫う、というのも一つの手です。

これ結構薄くなりますので、試してみて下さい。

それでもなお、と言う場合には最も内側になるところの縫い目をほどきます。

そうすれば9枚が6枚重ねに減りますので、かなり縫いやすくなりますよ。

まとめ

自宅にあるミシンでの、特にジーンズの裾上げは難しいものです。

購入したお店で、うまくいけばサービスで無料でやってもらうことが出来るなら、それを利用したいですね。

でもどうしても、と言う場合にはそれなりに工夫すれば自宅のミシンでも出来ないことはありません。

ただあくまでも、針が折れたりなどの危険は回避するようにして下さい。